冷え症改善の意外なコツ!これから冬にかけて、冷え対策が美容のカギです

こんにちは。酒田市のブライダルエステ「うたたねさろん」のオーナー、谷口です。

 

冬が近づき、急に寒くなりましたね。これから寒さが増してくると、気になってくるのが冷え性です。毎年、冬になると 冷え性で悩む方も多いのではないでしょうか。

 

1115

 

冷え性は「眠れない」「肩こり」など、生活面でもつらいことがたくさんありますが、お肌や美容にとっても大敵です。

 

体が冷えると血管が縮んでしまい、血行が悪くなり、栄養素や酸素を上手く運べなくなります。すると、新陳代謝が悪 くなってしまい、肌荒れになったり、太りやすくなってしまうのです。

こんな方は、冷え性対策をおすすめします

冷えている自覚がない方でも、下記のような方は「隠れ冷え性」の可能性もあるので、チェックしてみてください。

  1. 手のひらよりお腹の方が冷たいときは、「内蔵型冷え症」の可能性があります。
  2. 慢性的な腰痛や肩こり、倦怠感がある方は要注意。
  3. お肌がくすんでいる方は、冷えが原因かも。

 

加えてほてりがある方も、実は冷えている可能性があります。

 

冷えとほてりは正反対の現象なのですが、どちらも自律神経の失調による血行障害が原因と言われています。症状は違いま すが、根本的な原因は同じです。

 

また、特にしっかり冷え対策をおすすめしたいのが、ウエディングを控えて緊張しがちな花嫁様です。

 

冷えによる代謝の低下でデトックスができなくなると、体のむくみが気になってきます。体重はキープできていても、むくんでしまっているとキレイにドレスを着こなせません。

 

花嫁様は、特に体を効率よく温めながら代謝力を上げて、日々のむくみをリセットしていくとよいと思います。

冷え性改善のコツをおさえて、上手に体を温めましょう!

美容に大敵な冷え性ですが、コツをおさえて上手に改善していきたいものです。

 

冷え性対策として、腹巻やソックスを愛用している方が多いと思いますが、コツは「素材選び」にあります。吸湿性の悪いものだとかえって冷やしてしまうこともあるので、直接お肌に触れるものは、しっかり 「汗を吸える素材」を選びましょう。

 

また、効率のよい温めポイントは、「まずは末端部位より体の中心部を温めよう!」です。手足など末端部にばかり目が行きがちですが、実は中心を温めたほうが、体全体が温まります。

 

たとえばホッカイロを張るのであれば、「腰」がいいです。特に仙骨の上(腰の少し下あたり)が効果的です。ここは自律神経の通り道。自律神経が活性化して毛細血管が開き、全身の血行がよくなります。

 
 

しっかりと汗を吸える腹巻やソックスで体をあたため、体の中心から全体の血行をよくして、この冬も、美しく快適に、そして元気に乗り切っていきたいものですね。

 

特に花嫁様は、この時期しっかり体を温めて、すっきりしたボディで、キレイににドレスを着こなしてくださいね!

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
酒田情報鶴岡情報

PVアクセスランキング にほんブログ村