プロが教えるコツ。毎日の洗顔方法で、肌はこんなに変わります!

こんにちは。酒田市のブライダルエステ「うたたねさろん」のオーナー、谷口です。

 

皆様、ご自宅での洗顔や普段のお手入れ方法について、意識していらっしゃいますか?

 

01

 

ご自宅のお手入れで、エステ後の肌のキープが違ってきます。また、エステに通っていらっしゃならない方でも、毎日繰 り返されるお手入れで、肌のコンディションは変わってきます。

 

実はスキンケアのなかで一番重要な行程は、洗顔です。そこで、簡単に実践できる、洗顔の意外なコツをご紹介いたします。

 

洗顔において一番大切なことは、「落とし過ぎない」ということです(季節や肌質によります)。落としすぎ、洗い過ぎ は、乾燥を招くのでお肌のターンオーバーの妨げになってしまいます。

 

「落とし過ぎない」ためには、洗い方も大切ですが、「洗うときのお湯の温度」が、とても大きく関わってきます。洗ったりすすいだりするときの「お湯の温度」に気をつけることで、効果的にお肌を保護することにつながるのです。

 

寒くなってきた今の時期、つい「あたたかいお湯」で洗いたくなりますね。でも冬場の「あたたかいお湯」にこそ、気をつけなけれ ばなりません。

 

洗顔料をしっかりすすぐことは大切ですが、すすぎの際にあたたかすぎるお湯を使うと、お肌に必要な皮脂、セラミドやNMF(天然保 湿因子)までも、溶かして落としてしまいます。

 

皮脂が溶け出す温度は、30〜32度くらいと言われています。ですから、それより少し低い温度で洗顔・すすぎをするのが理想です。温度の目安とは「少し冷たいと感じるくらい」です。「少し冷たいと感じるくらい」でのすすぎ、ぜひ実行してみてくださいね。

 

「落とし過ぎない」洗顔の重要なカギである、「お湯の温度」。今日から、洗顔時のお湯の温度を少しだけ意識して、コツコツと美肌を手に入れていきませんか?

↓酒田・鶴岡のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ
酒田情報鶴岡情報

PVアクセスランキング にほんブログ村